プーチン大統領と領土問題

 プーチン大統領の来日は恒例の遅刻から始まり、国民の失望で終わったとマスコミが取り上げている。果たして、たかが1回の来日くらいで領土問題が解決できるとは常識があればだれも思わないだろう。戦後70年の間に、日本のどの指導者も決着がつけられなかったし、的確な決断もできなかったことが、領土問題の難しさを語っている。ソ連崩壊後、2島返還のチャンスがありながら何が何でも4島返還の声を前にして、決断できるものはいなかった。あの時は本当に惜しいことをしたと感じたものだ。

 70年以上も経ち、ロシアの人も島に住み着いている現実を見れば、もっと客観的な解決策を出していかなければ、このまま永遠に未解決で終わってしまう。それこそが国益を逸してしまうのではないか。 日露双方が少しづつ妥協しながら、到達点を描かなければ一歩も先に進まないし、政権が変わればすべての努力も一瞬に泡となってしまう苦い経験をしているにも関わらず、なぜ日本の国も国民も一枚岩になれないのだろうか。

 空論ばかり唱えないで現実をよく見て、数年をかけてお互いの国が共存できる道を創造していってもらいたい。それが唯一の解決策である。解決策は見出すのではなく、創り出すものなのだ。